×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

コモド

監督:マイケル・ランティリ(初監督)

リアルさ
★★★★

キャラクター性

マニア度

「U・M・A/レイクプラシッド」とタメ張る完成度。ゲテモノマニアを喜ばせるようなものはない。

脚本は「アナコンダ」のハウス・バウアーだがいはひとつピンとこず。

SFXでフィル・ティペットのティペットスタジオが参加しているがコモドドラゴンのシーンはなかなかリアルで出来はよいもののキャラクテー性にとぼしくて「まあ、こんなもんか・・・」といった印象。

この時期に量産されたCGによる生物パニック映画はどうせ低予算ならスパイダーズのようなマニアが期待しているゲテモノ感覚がもっとほしかった。(2003.12.4)

生物パニックのページへもどる     ビデオガレージTOPへもどる