×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大蛇大戦

「里見八犬伝」の特撮スタッフが参加協力

販売 あぱびでお

唐突さ
★★★★★

迫力
★★★★

心あたたまる
★★

新古品のビデオを見つけて同「あぱびでお」の「激闘!忍者暗殺団」とまとめて即効GET!ちと高かった・・・。

香港映画のコーナーに入れたが正確には香港映画ではなく台湾映画。さすがに香港映画を上回る怖いもの知らずな感じもちらほら見てとれる。

蛇が主人公の女の子のお友達という非常にめずらしいパターン。突っ込みどころ満載の映画で唐突なシーンもおおく本編と特撮がうまく絡み合っていないところも多い。それでも蛇の特撮は迫力満点で見ごたえ有。モブシーンもちゃんと用意されている。ラストは無理やり泣かそうとしているが全然泣けない。

劇中、蛇のスケール感はしょっちゅう変るがモブシーンのバックに登場したシーンなどは蛇の大きさをウリにしていた「パイソン」の大蛇とくらべ体積的に1000倍くらいあるのではないだろうか。特撮は日本の矢島信男が担当。(2003.10.19)

大蛇好の方は↓↓↓↓をクリック!!

アナコンダ

香港映画のページへもどる     ビデオガレージTOPへもどる