×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大恐竜時代

石森章太郎のテレビ放映アニメ。

(昭和54年度製作)

テレビアニメ度
★★★★★

テーマ性
★★★

作画
★★★

「前世紀探検」の実写版といったところだろうか。

この作品に関しては「ただ恐竜モノやりたかったんだろうな・・・」という雰囲気も少々見て取れる。しかしかなり楽しめた。テレビのアニメスペシャルとして昭和54年に放映された作品。当然ビデオなんてものは存在しない時代だったのでテレビのアニメスペシャル(見逃したら再放送を期待する以外はない)は小学生の私にとって一大イベントであった。もちろん当時は新聞のテレビ欄のチェックに余念がなかったことはいうまでもない。放映当時に見たときは少年達の前にあらわれた巨大なUFOのイメージがあまりに強烈すぎた。

恐竜の生態は当時としては細かく描いているようだが時代が時代だけにブロントサウルスが水の中に住んでいたり二足歩行のティラノサウルスが尻尾を引きずりながらあるいていたりと子供の頃にみた「きょうりゅう図鑑」の世界そのもの。

主人公のジュンの声をあてているのは昭和30年代「ケンちゃんシリーズ」で国民的アイドルとして絶対的な地位をほこっていた宮脇康之。ちなみに主題歌はSHOGUN。(2003.8.24)

アニメのページへもどる     ビデオガレージTOPへもどる