×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

異次元へのパスポート

監督:ジョン・バッド・カアードス 知らん・・・・・

特撮
★★★

内容

癖になるダメさ
★★★★★

ビデオはちょっと高かったけどかっちゃたよ〜

この映画を見たのは忘れもしない高校1年生のとき。深夜の放送を録画してだった。当時はSF特撮映画ブームの真っ盛り!!マニアでなくともブームにのって海外のSFXムービーはチェックしている人が多かった。

新聞のTV覧の深夜の時間帯にも怪しそうなタイトルの映画がけっこーならんでたりしてタイマー録画してチェックしてはみるものの大抵8割はハズレだったりするのだがこの映画はかなり一味も二味もちがった。

意味ありげ、奥深げなナレーションから始まるのだがはっきり言って内容ゼロ。作り手自体SFブームに乗っかるつもりでつくってるんだからそれはよしとしよう。

で、何がいいかって言うとやはり特撮。なんとデビットアレンの人形アニメーションが贅沢にも登場するのだ。怪物デザインやシーンデザインはいささか安直ではあるものの人形の造形や動きはハリーハウゼンとためはる完成度。癖になるダメさ加減をこれに近い感覚で持っていた「最後の海底巨獣」という映画があったが、「最後の海底巨獣」とは特撮の出来は月とスッポン。(もち、異次元〜が月ね。)こういうおまけ的な楽しさ期待する深夜枠一回放送系特撮映画っていろいろあった気がするけど、う〜ん、おもいだせない・・・・(2004.4.8)

特撮映画のページへもどる    ビデオガレージTOPへもどる