×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ドラゴンスレイヤー

CGよりもはるかにリアル!いままでみたドラゴンものでは最高のSFX!

ストーリー
★★

特撮の質
★★★★★

特撮の量
★★

鷹などの生物の動きをとことんまで研究し、ドラゴンの特殊効果に莫大な予算をつぎ込んだSFXが見所の作品。

本来なら「モンスター系」の部類の方に入れるのが正しいのかもしれないがモンスターの個性よりも特殊効果があまりにもお見事なので「特撮系」の方にいれた。

ドラゴンの特撮を担当したのはハリーハウゼンを神と崇めるSFXマン、フィルティペット。「ジュラシックパーク」の恐竜を彼の開発したゴーモーションアニメで撮影途中、急遽CG技術の導入がきまりそのテスト映像を見た彼はショックのあまり寝込んでしまった話は有名。そりゃそうだろ・・残酷なはなしだ。

特撮シーンが少ないのは残念だがフィルティペットの特撮は必見の価値あり。ドラゴンが洞窟を這うシーンは特撮好きならその驚異的なすごさがわかるはずだ。

ビデオは格安ものがみつけられず新宿ビデオマーケットで1000円だして買った。(2003.10.18)

特撮映画のページへもどる    ビデオガレージTOPへもどる