×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ザ・ピラニア

製作総指揮:ロジャー・コーマン

リメイクの意味ある?度・・・★★★★★

いかにもロジャー・コーマン的な映画でまあまあ楽しめる。この映画は「ピラニア」のリメイクであるが中身があまりにも前作と一緒でリメイクする意味があったのかどうか疑問が残る。「ピラニア」のフィルムも流用していると聞いたことがあるがどこに使われているのかはわからなかった。

SFXは90年代の最新技術で大幅にパワーアップなんてパッケージの裏には書かれているがはっきりいって大嘘。ピラニア自体の個性も薄く造型もヘボいし、目がすでに死んでいる。前作のクリス・ウェイラス造型のピラニアにははるかに及ばない。とうぜん研究室にフィル・ティペットが創り出したモンスターも登場しない。

どうせならキャメロンが監督した「ピラニア2」(殺人魚クライングキラー)くらいやってくれよ。(2003.12.4)

生物パニックのページへもどる     ビデオガレージTOPへもどる