×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

キングコング

SF映画の金字塔

コマドリ満足度
★★★★★

恐竜
★★★★

コングかわいそう
★★★★

その後の特撮マンに呪縛的な影響をあたえた大きく映画史にのこる作品。最新のCG映像なんかよりずっと見ごたえがある。

ハリーハウゼンの師、ウィリス・オブライエンの生み出したその映像は公開された1933年当時お客を驚かせた映画は大ヒット。おそらく「ジュラシック・パーク」が公開されたときの衝撃をはるかに上回っていただろう。その前にはウィリス・オブライエンの「ロストワールド」(無声映画)も公開はされてははいたが「キングコング」では恐竜の造型、動きなど格段の進歩を遂げている。当時の客はコングを見て本物のゴリラだとおもっていたらしいが・・・

ハリーハウゼンの作品より少々動きはぎこちないものの結構なお金をかけてつくりこまれているためSFXシーンは見ごたえ十分。コングの島に上陸してからは恐竜大パニック活劇シーンの連続!(2003.10.17)

恐竜・モンスター映画のページへもどる     ビデオガレージTOPへもどる