×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

底探検船ポーラーボーラ/最後の恐竜

円谷プロのヌイグルミ恐竜登場のSF冒険テレビ映画

1976年 日米合作

冒険度
★★★★★

秘境度
★★★★

恐竜の出来
★★★

ドリルのついた探検船にのって恐竜のいる秘境に冒険に行くっていう冒険好きの男のロマンを映像化したような作品。現代は「THE LAST DINOSAUR」。主人公のハンターのおやじに引っ掛けたタイトル。

随所に低予算感がただようもののヌイグルミを使った特撮はその醍醐味を味わえる。冒険モノとしてみても十分におもしろく、とにかく恐竜狩に異常なまでの執念を感じさせる主人公のおやじがカッコいい!周りが嫌がってるのにおやじワガママすぎ!

予算的にどうしてもしかたないのだろうがムードをもりあげるための背景がちょっと寂しい感じがしたのが残念。

ティラノサウルスの他にトリケラトプスや翼竜、おまけにわけのわからない恐竜もちょこっと登場!

主人公が相棒としてつれている背のでかい黒人の「ブンタ」がいかにもな感じでいい。原始人の女の子の眉毛がつながっていたのもなぜか気になった。(2003.10.17)

恐竜・モンスター映画のページへもどる     ビデオガレージTOPへもどる